育毛剤比較.ws - 薄毛に悩む人へ。

育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントなど発毛に関する情報を発信します。

画像

育毛に効く成分

育毛剤は種類で効果が分れる!」でも説明したように、育毛剤には様々な効果があります。 育毛に効果のある成分も色々なので、育毛剤を選ぶ時には宣伝文句だけでなく成分にも注目してみると良いでしょう。

例えば男性型脱毛症に効果がある成分としてはノコギリヤシがあります。 ノコギリヤシには抜け毛・薄毛の原因となるデヒドロテストステロンを抑制する作用があります。 元々は前立腺肥大などの症状を改善するために用いられていたものですが、育毛効果が実証されたため、抜け毛や薄毛のための製品も使われるようになりました。

またナツシロギク(フィーバーフュー)に含まれるパルテノライドや、オトギリソウエキス、リコピンにも育毛効果があることが分かっています。 更にカプサイシンとイソフラボンにも育毛効果があることは、多くの方がご存知と思います。 2004年におこなわれた研究では、毎日イソフラボン75mgとカプサイシン6mgを摂取した男性の8割に育毛を認められたと報告されています。 カプサイシンとイソフラボンは毛母細胞を直接刺激するため、一緒に摂るのが望ましいようです。

また漢方やハーブにも育毛効果を求めることが出来ます。 漢方では”髪は血の余り”、”髪は腎の華”という言葉があり、血液や内臓の状態が毛母細胞や毛髪に大きく影響すると考えられています。 体の中をキレイに解毒し、血液と内臓の機能を高めることで育毛をサポートするのです。 またセージやローズマリー、ジャスワンド(ハイビスカス)などのハーブエッセンスは頭皮環境を整えるのに役立ちます。 育毛剤や育毛シャンプーに含まれているものもありますし、育毛剤とは別にマッサージの目的で用いても良いでしょう。

他にも「育毛剤には副作用がある?」で書きましたが、ミノキシジルとフィナステリドという成分に高い育毛効果があると人気になっています。 但しこの2つの成分は医薬品のため、合わない人には稀に副作用がおこることもあります。 なのでミノキシジルとフィナステリドを含む育毛剤を使用する時は、体調や頭皮の変化に注意して下さい。

そして「育毛剤が効かない時の対処法」でも触れたように、育毛には食品から摂る栄養成分も重要になります。 髪をつくるには良質なたんぱく質とリジン、亜鉛やビタミンEなどのビタミン・ミネラルが必要です。 毎日十分な量の肉類・魚類・大豆製品と、根菜を中心とした野菜、海藻を食べて下さい。 食事から全てを十分に補うのは難しいですから、育毛用のサプリメントも賢く利用すると良いでしょう。

シリーズ・メーカーで選ぶ

ぐんぐん(GUNGUN)

BUBKA

マイナチュレ

ポリピュア

サラヴィオ化粧品

ユノインターナショナル

ZERO PLUS

アデランス

ネクストドア

マイケア

バイオテック

アールスタイル

エスロッソ

男性育毛剤No.1

BUBKA

女性育毛剤No.1

マイナチュレ

男性育毛シャンプーNo.1

BUBKAシャンプー

女性育毛シャンプーNo.1

マイナチュレシャンプー

その他の情報記事

Copyright© 2013 Hair Care communications All Rights Reserved.