育毛剤比較.ws - 薄毛に悩む人へ。

育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントなど発毛に関する情報を発信します。

画像

育毛剤には副作用がある?

育毛剤にも時々、副作用が表れることがあります。 一口に育毛剤と言っても色々で、無添加のものから香料などの化学成分が配合されたものもあります。

また刺激の強い成分が配合されている育毛剤は、それが発毛や育毛を促進するものであっても、人によっては副作用が出てしまうことがあります。 頭皮の状況は様々で、脱毛や薄毛に悩む方の多くは乾燥したり炎症をおこすなど非常に悪い状態になっています。 そのようなデリケートな頭皮環境で刺激の強い成分や化学成分を使用すると、逆効果になってしまうことが多々あるのです。 そのため、育毛剤を使っている時に何らかの異常を感じた場合は、すぐに使用を中止しなくてはなりません。

例えば頭皮に直接刺激を感じたり、紅潮や発疹がおこるのが代表的なものです。 稀に頭痛やめまい、不整脈や動悸、低血圧、手足や顔のしびれ・むくみがおこることもあります。

育毛剤にはもともとは他の病気治療に用いられていた医薬品が含まれていることが多々あります。 「育毛に効く成分」でも書きましたが、特に有名な成分は高血圧の治療薬として使用されていたミノキシジルです。 他にもフィナステリドという医薬品は育毛剤によく配合される成分です。 ミノキシジルとフィナステリドは育毛効果が高いと評判ですが、人によっては副作用がおこるので、配合されている育毛剤を使用する際は十分に注意しましょう。

このような育毛剤の副作用を気になる方は、出来るだけ発毛や育毛効果を天然成分に求め、かつ無添加という製品を選ぶと良いでしょう。 但し化学成分であろうが天然成分であろうが、副作用がおこる時はおこります。 化学成分の方が副作用がおこりやすく強く出る傾向がありますが、天然成分でもアレルギーがあるように全くおこらないとは言えません。 しかし天然成分の育毛剤の場合は副作用というよりも、肌に合わなかった程度のものであることが多いですね。 (「育毛剤の正しい選び方」も合わせてお読み下さい)

全ての育毛剤は十分なテストをおこなってから販売されていますので、副作用がおこることは少ないと思って良いでしょう。 特に人気の高い育毛剤は多くの人が問題なく使っていますから、副作用が心配な方はそのような製品を選ぶと安心です。 また肌が弱い方、アトピーやアレルギー体質の方は、最初にパッチテストをおこなうことをオススメします。 パッチテストは二の腕の内側に少量を塗り、絆創膏を貼って一晩待つというもので、問題なければ頭皮にも安心して使用することが出来ます。 他にも育毛剤と育毛シャンプーの併用が心配と言う方は、「育毛シャンプーと併用しても大丈夫?」をお読み下さい。

シリーズ・メーカーで選ぶ

ぐんぐん(GUNGUN)

BUBKA

マイナチュレ

ポリピュア

サラヴィオ化粧品

ユノインターナショナル

ZERO PLUS

アデランス

ネクストドア

マイケア

バイオテック

アールスタイル

エスロッソ

男性育毛剤No.1

BUBKA

女性育毛剤No.1

マイナチュレ

男性育毛シャンプーNo.1

BUBKAシャンプー

女性育毛シャンプーNo.1

マイナチュレシャンプー

その他の情報記事

Copyright© 2013 Hair Care communications All Rights Reserved.